www.rabbitcreekoffroad.xyz/

ヘルパーと介護職員初任者研修との違い

ヘルパーと介護職員初任者研修との違い

以前まであったホームヘルパー2級の資格が廃止となり、平成25年の4月から介護職員初任者研修へと制度が変更されました。

 

現在日本の人口のうち10人に4人は65歳以上の高齢者で、団塊の世代が65歳以上となったことで高齢者の数が激増し、これから十数年後には、介護老人施設の数も多くなると予測されます。

 

ヘルパー免許が廃止された要因は、これから増加する高齢者の介護の質を向上させ、これからに備えるために制度が改正され、今までとは講座の内容も変更されました。
不明確な点がある場合は介護職員初任者研修で調べてみましょう。
ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修との違いは、受講時間130時間は変わりませんが、大きな変更点として、今まで42時間だった実技のスクーリングが、90時間と大幅に伸びたことです。

 

他にも施設実習が廃止になったこと、今までは規定時間を修了すれば取得できましたが、今後は修了試験に合格しなければならないなど、以前に比べてハードルも上がっています。

 

有料での資格取得スクールの場合、料金は7万円弱〜14万程度と幅がありますが、取得する際のサポートなどのことも考えてから、スクールをアラブようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ